お金借りる

お金借りる即日融資ガイド|今すぐお金借りたい時に当日すぐにお金を借りる方法

当サイトでは、下記についてご紹介しています。

  • 【最短1時間】今すぐお金を借りるオススメの方法
  • 即日借りれるおすすめカードローン
  • 即日融資でお金を借りる色々な方法
  • 即日融資以外の金を借りる色々な方法

結論から言うと、今すぐお金を借りたいなら、プロミスアコムがオススメです。両者とも審査スピードに力を入れているため、迅速な借入が可能なうえ、初回利用なら30日間無利息なのでとってもお得です。

 

プロミスでは、わずかな項目の入力で数秒で借入可能かどうか分かる簡易審査を実施しています。まずは一度を受けてみて下さい。

 

 

詳しくは記事をご覧下さい!

 

今すぐお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

【はじめてのアコム】のCMで有名なアコム。この有名なキャッチフレーズが示すとおり、初めてお金を借りる人に人気のカードローンです。初めての利用なら30日間無利息での借入が可能です。

詳細はこちら>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』を使えば申込みから借入までの流れを全てネットのみ行えます。審査スピードに重きが置かれているので、今すぐお金を借りたい多くの方が利用しています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

即日お金を借りるなら信頼できる大手で


プロミスもアコムも 大手金融グループ

  • アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミスはSMBCグループ

今すぐ急ぎでお金を借りたいなら細かく吟味している暇もありません。そんな時は、信頼できる大手の提供するサービスを利用するのがおすすめです。両社とも融資までスピードに力を入れていますし、30日間の無利息で借入可能です。

 

【即日融資OK】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結なら、申込み⇒審査⇒借入れという一連の流れを全てネット上で完結できます。もちろん、手続きの途中で不明点があればオペレーターの方が丁寧に電話で教えてくれるため安心です。プロミスには女性オペレーターの応対するプロミスレディースもあり、女性だけでなく男性にも人気のサービスです。

↓※女性はもちろん男性も利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\即日借りたいならプロミス!30日間利息ゼロ円♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
『はじめてのアコム』のCMでおなじみのアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの一員なので、信頼性抜群です。はじめてお金を借りる人にふさわしいカードローンで、実際に年齢性別問わず多くの方がアコムを利用してお金を借りています。
\最短1時間で借入可能!その上30日間利息0円!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
\Webからの申し込みで最短60分で融資可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申し込みをした曜日・時間帯により翌日以降の取扱になることがあります。

\多くの30代以上の方が利用しています/

 

【厳選】今すぐお金が借りられるおすすめカードローン



今すぐお金を借りたいなら

がオススメ!どちらも申込み⇒審査⇒借り入れの一連の手続きが非常にスムーズに進むので、最短1時間程度で借りることもできます。
大手運営で信頼性も抜群のプロミスとアコムは、初回利用なら30日間利息ゼロ円で借り入れができます。

 

今すぐお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

【はじめてのアコム】のCMで有名なアコム。この有名なキャッチフレーズが示すとおり、初めてお金を借りる人に人気のカードローンです。初めての利用なら30日間無利息での借入が可能です。

詳細はこちら>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』を使えば申込みから借入までの流れを全てネットのみ行えます。審査スピードに重きが置かれているので、今すぐお金を借りたい多くの方が利用しています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

このページの目次

 

【最短1時間】今すぐお金借りるなら大手消費者金融カードローン!

とにかく急ぎで今すぐお金を借りたいなら、プロミスアコムなどの大手消費者金融のカードローンでお金を借りるのがベストです。

 

なぜなら、以下の理由があるからです。

大手消費者金融カードローン おすすめの8つの理由
  1. 審査スピードが速く最短1時間で借りられる
  2. 銀行に比べて柔軟に審査に対応してくれる
  3. 借りたお金の利用目的が制限されない
  4. ネットから手軽に申し込める
  5. 少額なら運転免許証だけで借りられる
  6. 大手銀行系企業なので信頼できるし安心
  7. 保証人も担保も不要
  8. 初回利用なら一定期間無利息サービス付きなのでお得

1.審査スピードが速く最短1時間で借りられる

有名な大手消費者金融は、どこも審査や融資までのスピードを売りにしているところばかりです。「最短30分審査」「最短1時間融資」などと謳っていたりしますが、実際にアコムプロミスなら、申込み完了から最短1時間程度でお金を借りることができます。

 

お金が必要な時、緊急の事情がありとにかく急ぎで借りたいというニーズは世の中に多いようですが、今すぐお金を借りたい人が安心・安全かつ手軽に利用できるここまでスピード感のある借入方法は他にはあまり見当たりません。

 

たとえば、多くの人にとってなじみのある金融機関である銀行では、審査に時間がかかるため、お金を借りるまでに最短でも数日程度はかかってしまいます。しかも、後述するとおり、審査が非常に厳しい傾向があります。

 

2.銀行に比べて柔軟に審査に対応してくれる

銀行でもカードローン商品を取り扱っていますが、銀行カードローンは大変審査が厳しいことで有名です。たとえば、収入面で言えば年収500万円程度はないと審査通過は難しいと言われます。

 

その点、プロミスアコムなどの大手消費者金融では、様々な人の借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれるので、借入希望額によりますが、月収数万円〜10万円程度でも審査通過してお金が借りられる可能性があります。

 

大手消費者金融カードローンの利用条件は、

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること(毎月一回以上収入があること)

なのですが、これらを満たしていれば、公務員や正社員でなくとも

  • アルバイト学生
  • パート勤務の主婦
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 契約社員

であっても、審査の上でお金を借りることができます。

 

収入や雇用形態などに不安がある方は、プロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンがオススメなのです。

 

3.借りたお金の利用目的が制限されない

お金を借りる方法の中には、銀行の目的別ローン(ブライダルローン、トラベルローン、教育ローン、マイカーローンなど)のように、借りたお金の使い道が制限されているものがあります。

 

うまく借りたお金の利用目的に合致するような商品があればよいですが、生活費などのためにお金を借りるという人も多いでしょうから、そうそう都合良く利用目的に合致する商品があるとは限りません。

 

その点、大手消費者金融のカードローンなら基本的に借りたお金は何に使おうと自由なので、様々な理由でお金が必要なときに柔軟に利用することができます。

 

4.ネットから手軽に申し込める

今すぐお金を借りたいときに、手続きが面倒だったりわざわざ遠方まで足を運ばないといけないのではそれだけで時間がかかってしまいます。大手消費者金融各社ではどこも、ネットからの申込みに対応しているので、お金を借りたいと思い立ったその場ですぐに申し込むことができます。

 

5.少額なら運転免許証だけで借りられる

大手消費者金融カードローンの申込みは、原則として運転免許証などの本人確認書類だけで行うことができます。今すぐお金を借りたいときに、あれこれと必要書類を用意するのは大変ですが、運転免許証だけでよいのでさくっと申し込むことができます。

 

※ただし、以下の条件に該当する場合は本人確認書類に加えて収入証明書(給与明細等)も必要です。
・借入希望額が50万円を超える場合
・借入希望額と他社での借り入れ額が100万円を超える場合

 

6.大手銀行系企業なので信頼できるし安心

お金を借りるときに、得体の知れない無名なところで借りるのは心配です。金貸しを通じて、違法性のある手口で消費者から搾取しようとする輩もいます。変な所で借りてしまうと、後々大きなトラブルに発展してしまうこともありえます。

 

どうせお金を借りるなら、有名で信頼できるところから安心して借りたいものです。その点、大手消費者金融は大手銀行系金融グループの企業なので、信頼度も高く安心です。

プロミスSMBCモビット

SMBCグループ

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループ

レイクALSA

新生銀行グループ

金融庁が厳しく目を光らせている有名な大手銀行がバックにいるので、変なことなどするはずがありません。大手消費者金融なら安心してお金が借りられますね。

 

7.保証人も担保も不要

お金を借りる方法の中には、お金を借りた本人が返済不能になってしまった時に備えて、保証人や担保が求められるものがあります。本人が返済できなくなった時には、保証人は代わりに返済をすることになりますし、担保を売却して返済にあてることになります。

 

今すぐにさくっとお金を借りたいときに、保証人や担保を用意するのは大変です。特に保証人はよほど信頼関係があるような相手でないとなかなか引き受けて貰えませんので探すのが大変です。

 

その点、大手消費者金融のカードローンなら保証人も担保も不要でお金が借りられるので安心です。

 

8.初回利用なら一定期間無利息サービス付きなのでお得

お金を借りるなら、できるだけお得に借りたいものです。通常、お金を借りるときには利息が発生し、元本と合わせて利息分も返済していくことになります。

 

大手消費者金融の中には、プロミスアコムのように、初回利用者を対象として一定期間無利息で借りられるキャンペーンを行っているところがあります。

 

極端な話にはなりますが、無利息期間内に全額返済してしまえば1円の利息さえも支払うことなく完全に無利息でお金を借りることだってできてしまいます。プロミスアコムはどちらも「30日間無利息」となっていますが、実は両者には大きな違いがあります。それは、『無利息期間の開始日』です。

 

アコムは、『契約日の翌日』から無利息期間が開始するのに対して、プロミスは『初回借入日の翌日』から無利息期間が開始します。

 

したがって、もしも、契約してから実際にお金を借りるまでに少しでも期間が空いてしまう可能性が多少なりともあるようなら、プロミスで借りる方がお得なのです。

 

今すぐプロミス公式サイトへ

 

今すぐお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

【はじめてのアコム】のCMで有名なアコム。この有名なキャッチフレーズが示すとおり、初めてお金を借りる人に人気のカードローンです。初めての利用なら30日間無利息での借入が可能です。

詳細はこちら>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』を使えば申込みから借入までの流れを全てネットのみ行えます。審査スピードに重きが置かれているので、今すぐお金を借りたい多くの方が利用しています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

カードローンの基本

カードローンでお金を借りるのが初めてという方のために、ここでは詳しいカードローンの利用の仕方をお伝えしていきます。

利用条件

カードローンに申し込むには以下の条件を満たしていなければなりません。

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること
20歳以上であること

お金を借りることは法律に定められた契約行為に該当します。したがって、20歳以上でないとカードローンに申し込めません。

 

安定した収入があること

貸し倒れになってしまってはいけませんので定期的な収入があることが求められています。

 

申込み必要書類

大手消費者金融のカードローンの申込みには、以下の2種類の書類が必要です。

1.本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証 + 住民票等

 

2.収入証明書類 ※
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書 等

ただし、「2.収入証明書類」については、下記に該当するときのみ必要です。
・借入希望額が50万円を超える
・借入希望額と他社での借入額の合計が100万円を超える

 

逆に言うと、これらのいずれにも該当しない少額の借入を希望する場合には、運転免許証などの本人確認書類だけで申込みが可能です。

 

これらの申込みに使用する書類は、スマホで撮影したものをメール添付して送信したり、デジカメやスキャナで取り込んだものをパソコンからアップロードしたりして提出します。

 

収入と借りられる金額の関係(総量規制)

一般論として、収入が高いほど返済能力が高いと判断される傾向にあるので、より多くの金額を借りられます。

 

たとえば、年収100万の人よりも年収300万円の人のほうがより多くの金額を借りられる可能性があります。(※ただし、雇用形態などそのほかの要素もあるので、厳密には収入だけで一概に言えません。)

 

そして、消費者金融などの貸金業者では、貸金業法上の総量規制というルールが適用されるため、貸金業者から借りられる金額は各社合計で個人の年収の3分の1が限度となります。

 

つまり、年収300万円の人なら各社合計で100万円が貸金業者から借りられる最高額と言うことになります。(※貸金業法でなく銀行法に基づいて実施されている銀行カードローンでは総量規制はありませんが、貸しすぎを防止する意味で総量規制に準じた自主規制が行われています。)

 

ただ、初めてカードローンでお金を借りる人がいきなり総量規制の限度額まで借りられるかというとそういうわけではありません。初めての借入の場合、概ね以下のような限度額が設定されることが多いようです。

 

・会社員・・・30万円〜50万円
・アルバイト・パート・・・10万円〜20万円

 

そして、借りたお金を返済期日に遅れることなく適切に返済して行き、良好な利用実績を積み重ねていくことにより限度額の増額が可能となり、より多くの金額を借りられるようになります。

 

カードローン限度額の増額は、こちらから申し込むこともできますし、カードローン業者側から提案してくることもあります。(※カードローン業者としては、きちんと返済してもらえる限り、たくさん借りてもらったほうがそれだけ利息で稼げるので業者側から提案してくることがあります。)

 

審査

カードローンに申し込むと、審査が実施されます。審査は、「この人にお金を貸してきちんと返済してもらえるか」という観点から申込み者の返済能力を判断するために行われます。

 

審査では、

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 他社での借入状況
  • 過去の延滞や滞納の有無

などの情報が参考にされます。申込みの際には少しでも審査に通りやすくしようと、これらの情報を自分に有利なように嘘をつこうと考えてしまうかもしれません。しかしながら、カードローンの審査担当者は個人信用情報機関(※)のデータも照会して確認するので、嘘をついてもかなり高確率で見抜かれてしまいます。

 

もしも、嘘をついていたことがバレるとカードローン審査担当者からの心象は非常に悪くなり、審査通過の上で返って不利に働くことになってしまいますので、申込みの際の記入事項はありのままを正直に記載するようにしましょう。

 

個人信用情報機関とは個人信用情報機関は、各消費者がこれまでに利用したクレジットやローンに関する信用情報(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)を加盟するローン会社・クレジットカード会社から収集し、各加盟会社からの照会に応じて情報提供を行っています。

 

この個人信用情報機関が、クレジットやローンの利用履歴の収集・管理・提供・開示を行うことによって

 

・迅速なクレジット・ローン取引の促進
・消費者の多重債務・自己破産の未然防止
・消費者金の支払い能力に応じた適切な契約の実現

 

に役立てられています。

 

在籍確認

カードローンの審査の過程においては、申込時に記載した勤務先に確かに在籍して勤めているかを確認する『在籍確認』と呼ばれる手続きが実施されます。通常は、カードローン業者の担当者が、申込時に記載した勤務先電話番号に電話をかけ、申込み者本人を呼び出すことによって行われます。

 

たとえば、大手消費者金融カードローンの場合、以下のような感じで在籍確認が行われます。

 

※大手消費者金融の在籍確認のイメージ

スズキ(カードローン業者の担当者個人名)と申しますが、●●さんはいらっしゃいますか?

はい、●●は私です。

この度はありがとうございます。確認が取れましたので、引きつづき手続きを進めてまいります。

はい、よろしくおねがいします。

以上のように、在籍確認の電話はその会社に在籍していることを確認するのが目的ですので、電話口であれこれと他のことを聞かれることはなく意外とあっさり終わります。

 

また、大手消費者金融カードローンの場合、プライバシーへの配慮意識が高いので、借入を周囲の同僚や会社に知られたくないという申込み者の心情に配慮して、カードローン業者名を名乗らずに担当者個人名を名乗って電話します。

 

もしも、他の同僚が電話をとったとしても、一見するとカードローン業者だなんて思われないのでカードローン利用をバレたくない人にも安心です。

 

同僚に「誰からだったの?」と言われたら

もしかしたら、「今の電話って誰からだったの?」と怪しむ同僚が中にはいるかもしれません。確かに取引先から電話がかかるような立場の人ならともかく、家族や知人なら今どき勤務先の固定電話でなく、携帯電話に連絡すればいいだけです。

 

それにも関わらず、わざわざ会社の電話にかけてきて呼び出すのは不自然に思われるケースもあるでしょう。

 

そんなときには、『クレジットカードの在籍確認だった』と同僚に伝えるのがオススメです。クレジットカードなら今どき誰でも何枚も持っているので、このように答えればそれ以上怪しまれることなく自然にやり過ごせます。

 

在籍確認の電話を回避する方法【※誰にもバレずにお金借りるには?】

それでもより確実にバレたくない方など、どうしても勤務先への在籍確認の電話を回避したいという方もいると思います。そのような方にオススメなのが、

 

・勤務先への在籍確認電話なし(※書面上で在籍確認を実施)
・自宅への郵送物なし

 

で借りられるSMBCモビットのWEB完結です。在籍確認電話がない上、自宅への郵送物もないので、会社や同僚はもちろんのこと、家族にも誰にもカードローンの利用をバレたくない方にオススメです。

 

SMBCモビットWeb完結の詳細を確認してみる>>

 

金利計算方法

カードローンでお金を借りる場合、返済するときには元本意外に利息もあわせて支払わないといけません。カードローン会社は、この利息を会社の利益として儲けを出しているので利息がかかるのは当然のことです。

 

お金をこれから借りようとする方には利息がいくらなのかたいへん気になるところでしょう。そこでここでは、ご自身でかかる利息がいくらなのか計算するための計算式を紹介します。

 

利息は、以下の計算方法によって計算可能です。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

返済方法

大手消費者金融各社では、返済してもらいやすいよう利便性の高い様々な方法を用意しています。特にプロミスでは、以下のように多彩な返済方法を用意しています。

※プロミスの返済方法

  1. インターネット返済
  2. 口座振替
  3. 店頭窓口
  4. プロミスATM
  5. コンビ二(マルチメディア端末)
  6. コンビ二や提携金融機関のATM
  7. 銀行振込

 

今すぐお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

【はじめてのアコム】のCMで有名なアコム。この有名なキャッチフレーズが示すとおり、初めてお金を借りる人に人気のカードローンです。初めての利用なら30日間無利息での借入が可能です。

詳細はこちら>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』を使えば申込みから借入までの流れを全てネットのみ行えます。審査スピードに重きが置かれているので、今すぐお金を借りたい多くの方が利用しています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

お金を借りるときのよくある質問と答え

ここでは、お金を借りるときに気になるよくある疑問とその答えについてまとめて掲載しています。

まず借入可能かどうかを先に知りたいです

お急ぎの場合、まず真っ先に借入が可能かどうか知りたいと思います。そんなときにオススメなのが、各消費者金融の公式サイト上で実施している簡易審査です。簡単な項目にこたえるだけで、借入可能かどうかが数秒〜15秒程度で判明します。

 

とにかく急ぎで借りたいとき、審査通過の見込みがない借入先への申込みに時間をかけるのは無駄なことですので、時間を節約するためにも、簡易審査を受けてみるのはオススメです。

 

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

 

申込みのための資格・条件は?

消費者金融カードローンに申し込むためには、

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

以上の2点の条件を満たす必要があります。他の多くの借入方法でも20歳以上でないと借りられないものが多いです。(※学生ローンなどは例外)

 

借入希望額にもよりますが、毎月数万円でもいいので定期的に収入がある20歳以上の方なら、審査の上で借入できる可能性があります。

 

銀行カードローンの場合、非常に審査が厳しい傾向にあるので正社員や年収500万円以上等高ステータスの方でないと審査通過が難しいと言われています。それに比べると、消費者金融では銀行カードローンで審査通過が困難な人をもターゲットとして、様々な方の借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれる傾向があります。

 

そのため、契約社員・派遣社員・パート・アルバイトなどであっても、毎月定期的に収入があれば審査通過してお金が借りられる見込みはあります。

 

未成年でも借りられる?

大手消費者金融のカードローンは20歳以上の安定した収入がある人でないと利用できません。他の多くの借入方法も20歳以上でないと利用できないことも多いですが、すでに働いている20歳未満の方ならろうきん、アルバイトをしている学生で20未満の方なら学生ローンあたりが現実的な選択肢となってきます。

 

契約社員・派遣社員でも借りられる?

「20歳以上で安定した収入がある」という要件を満たしていれば、プロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンなら契約社員や派遣社員でも審査の上で借入ができる可能性があります。

 

一般的に銀行カードローンは審査が厳しいですが、それに比べると大手消費者金融は様々な方の借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれる傾向があります。

 

アルバイトでも借りられる?

20歳以上で毎月収入のある方なら、アルバイトでも審査の上で大手消費者金融カードローンでお金が借りられる可能性があります。

 

銀行カードローンは審査が厳しい傾向があるので、アルバイトの方はあ審査通過が困難です。それに比べると大手消費者金融は様々な方の借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれる傾向があります。

 

パート勤務の主婦でも借りられる?

20歳以上で毎月収入のある方なら、パート勤めの主婦の方でもプロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンで、審査の上でお金が借りられる可能性があります。

 

学生でも借りられる?

アルバイトなどをしていて毎月収入のある20歳以上の学生の方なら、大手消費者金融のカードローンに申し込むことができます。一部中小規模の消費者金融が取り扱う学生ローンで借りる方法もありますが、

 

18歳未満の高校生に関しては、お金を借りることができる現実的な手段は、身内などから借りるくらいしかありません。。どうしても必要な場合はうまく理由を説明して保護者から借りるようにしましょう。

 

18歳〜19歳の学生の場合、大手消費者金融カードローンは利用できませんので、学生ローンなどが現実的な選択肢となります。

 

自営業・フリーランスでも借りられる?

自営業やフリーランスの方は、正社員や公務員と比べた場合、カードローンなどでお金を借りる際には不利に働きます。
たとえ、年収面では会社員と変わらなくても不利になりがちです。

 

なぜなら、自営業・フリーランスの方は、会社員のように毎月一定額の収入を得ているわけではないので、どうしても収入面で不安定に見られがちだからです。安定した収入があるほうが、返済能力が高いと判断され審査にも通過しやすくカードローンなどでお金を借りやすくなります。

 

ですが、カードローンの審査に審査通過できないわけではないので、

  • 必要なくても確定申告書などの収入証明書を自主的に提出する
  • 持っていれば固定電話を記入する

など適切な対策をとって審査を乗り切りましょう。

 

無職でも借りられる?

無職の方は、収入がないので基本的にはカードローンでお金を借りるのは難しいケースが多いです。ですが、たんに「無職」といっても様々な状況の方がいると思います。年金受給者や専業主婦なら利用可能なカードローンもありますし、無職の方であっても以下のような方法でお金を借りることができます。

  • 家を担保にして借りる
  • 車を担保にして借りる
  • 定期預金を担保にして借りる
  • 生命保険の契約者貸付
  • クレジットカード枠のキャッシング枠
  • 生活福祉資金制度(失業中・年金受給者)
  • 年金担保貸付(年金受給者)
  • 銀行カードローン(専業主婦)
  • 中小消費者金融の配偶者貸付(専業主婦)

 

専業主婦でも借りられる?

専業主婦は、プロミスやアコムなど大手消費者金融ではお金を借りることができません。なぜなら、本人に収入がないため「年収の3分の1まで貸付」という貸金業法上の総量規制のルールにひっかかるからです。

 

では、専業主婦はどこからもお金を借りられないかといえば、そんなことはありません。具体的には、

  • 銀行カードローン
  • 一部中小消費者金融の配偶者貸付

で借りられる可能性があります。

 

銀行カードローン

銀行は銀行法に基づいて営まれているため、消費者金融と異なり貸金業法の規制対象外です。そのため、銀行カードローンなら本人に収入がなくとも配偶者の収入を考慮して審査をしてくれるのでご主人に収入があれば、専業主婦でも審査の上でお金が借りられます。

 

配偶者貸付

一部の中小消費者金融では『配偶者貸付』といって、「年収の3分の1」を配偶者の年収と合算して計算してくれる貸付方法を実施しているところがあります。ただし、配偶者貸付の申込みには配偶者の同意書も必要なので、ご主人にバレずに借りたい専業主婦には向いていません。

 

年金受給者でも借りられる?

年金受給者であってもアルバイト等をしていて収入があれば、プロミスアコムカードローンで借りられるケースがあります。その場合でも、各社により差はありますが、年齢制限もあるので多くの業者では69歳以下でない利用できません。

 

ただし、働いておらず年金収入しかない場合、お金を借りられるカードローン会社は非常に限定されてしまいます。たとえば、プロミスやアコムなど大手消費者金融では利用不可となっています。

 

なお、カードローンでお金を借りなくても、年金受給者なら年金を担保にして低金利でお金を借りられる年金担保貸付という手段もあります。実施主体も刻的なところなので、年金担保貸付をまずは検討されるとよいでしょう。

 

生活保護受給者でも借りられる?

生活保護受給者は、仕事に就いていないなど満足に収入がありません。そのため、十分な返済能力があるとは判断されず審査通過できないので、銀行や消費者金融のカードローン等の借入方法ではお金を借りることはまず難しいでしょう。

 

生活保護費も収入の1つではありますが、カードローンの利用条件として求められる『安定した収入がある』とは認められません。

 

中にはカードローンの申込みに際して嘘の申告を行って、生活保護受給者でも審査通過できた事例もありますが、カードローン業者に嘘をついたことがバレてしまったり、市役所のケースワーカーにバレて生活保護費を減額されるなど大変な事態に発展してしまうケースもあります。

 

最悪の場合、生活保護を差し止められてしまうということだってありえます。その場しのぎで嘘を付いてお金を借りても何にもなりませんので、虚偽申告をしてお金を借りようとするのはやめましょう。

 

このようなリスクを冒さずとも、生活保護受給者も全うにお金を借りる手段はあります。それは社会福祉協議会が実施する生活福祉資金貸付制度です。生活福祉資金貸付制度は、低所得者世帯・障がい者世帯・高齢者世帯の生活を支えるための公的な貸付制度です。

 

低所得世帯である生活保護受給世帯も、利用できる可能性があるので各市区町村の社会福祉協議会に一度相談してみるとよいでしょう。

 

金融ブラックでも借りられる?

ブラック状態の人は、銀行や大手消費者金融カードローンでお金を借りることは通常できません。なぜなら、これらの業者では審査の過程で個人信用情報機関でローンやクレジットの利用履歴をチェックしているからです。

 

そして、長期延滞や債務整理などの金融事故の情報は、5最長5年間保存されており、こうした履歴のある人は返済能力が不十分だと判断されるからです。大手消費者金融カードローンや銀行カードローンでお金を借りたければ、履歴情報が消去される5年間を待たないといけません。

 

それでは、金融ブラックの人はまったくお金を借りられないかと言えばそんなことはありません。一部の中小消費者金融では、個人信用情報機関の情報だけを参考にせずに、独自の基準で審査をしており、現時点での返済能力があると判断されれば、ブラック状態の方にも貸付を行っているところがあります。

 

キャバ嬢などの水商売でも借りられる?

キャバ嬢やホストなどといった水商売の仕事に就いている方でも、審査の上で、消費者金融などの取り扱うカードローンを通じて貸金業者からお金を借りることができます。

 

とはいえ、水商売は一般的には利息率が高く安定した収入が得られる仕事だというイメージがあまりないので、かなり多くの金額を稼いでいる人でも年収にふさわしいだけの金額を借りられない可能性はあります。

 

なかには、水商売の仕事をしていることを隠して申込みをしたいと考えてしまう人もいると思います。ですが、大手消費者金融カードローンでは、申込時に選択する「仕事」の選択肢として『水商売関連』の項目があるところもあります。

 

大抵、貸金業者の担当者には嘘の申告が見抜かれてしまいますし、下手に嘘をついてうまくお金を借りられてもあとでバレてしまって強制解約されるなどのトラブルになってしまうので、嘘をつかず正直に申告するようにしましょう。

 

カードローンに申し込むと審査の過程で在籍確認が行われますが、水商売の方ももちろん例外ではなく勤務先に在籍確認の電話がかかってくることになります。水商売関連のお仕事の方は、仕事の時間が夜になるのでカードローン会社が電話をかける時間を確認しておくとよいでしょう。

 

プロミスは20時まで、アコムは21時まで在籍確認を行っていますし、電話の時間を指定することも可能です。

 

申込みに必要なものは?

大手消費者金融カードローンの申込みには、

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 収入証明書(給与明細書など)

が必要です。

 

ただし、収入証明書は以下の条件に該当する場合のみですので、これらに該当しない場合は運転免許証などの本人確認書類だけで申込みができます。

  • 借入希望額が50万円を超える
  • 借入希望額と他社での借入残高の合計が100万円を超える

 

限度額はいくらまで借りられる?

大手消費者金融のカードローンでは、借入出来る限度額の上限が各業者により設定されています。(500万円、800万円など)

 

この範囲内で、個々人の返済能力に応じて、審査の上で限度額が決定されます。大手消費者金融の場合、貸金業法上の総量規制の縛りがあるので、いくら多くても年収の3分の1までしか借りることができません。

 

たとえば、総量規制にしたがえば年収300万円の人は各社総合計で100万円が借りられる上限金額と言うことになります。

 

とはいえ、実際には初めての借入の場合年収の3分の1よりももっと少ない10万円〜50万円の範囲内で限度額が決定されることが多いようです。たとえば、

  • 会社員は30〜50万円
  • 学生・パート・アルバイトは10〜20万円

といった感じです。

 

ただし、初めに設定された限度額の範囲内でしか借りられないかと言えばそんなことはありません。実際にお金を借りて期日に遅れず適切に返済して良好な利用実績を積んでいけば限度額を徐々に借入限度額を引き上げてもらうこともできます。

 

少額の借入でも大丈夫?(※1〜5万円など)

お金を借りる時、何も大金ばかりではなく

 

「ほんの1〜5万だけでいいのでちょっと借りいたい」

 

などといった少額の借入を希望するケースも結構あると思います。そんなときに、

 

「こんな少額でも借りても良いのかな・・・?」

 

と心配になってしまう方もいると思います。しかしながら、大手消費者金融カードローンでは、ほとんどの業者では最低借入額の設定をしていませんし、最低借入額を設定しているところも1万円という金額です。

 

ですから、大手消費者金融カードローンでは1〜5万円といった少額の借入であっても何の気兼ねもなく気軽な気持ちで借りることができます。

 

貸金業者から借りるのに何社までとか制限はありますか?

カードローンを利用してお金を借りる会社の数には特に制限はありません。ただし、貸金業者は貸金業法に定められたは『総量規制』というルールに従わない蹴ればなりませんので、各貸金業者は合計して個人の年収の3分の1までの範囲のなかでしか貸付ができません。

 

したがって、各貸金業者からの借入が総量規制にひっかかるようになるまで借入が可能ということになり、逆に言えばその範囲内なら借入出来る会社の数に制限はないと言うことです。

 

しかしながら、実際問題としてあまりたくさんの業者から借りていると、

 

「この人は相当お金に困っていそうだな・・・」
「こんなに色々なところから借りてちゃんと返済できるのかな・・・」

 

といった目で見られがちですので、審査に落ちやすくなってしまいます。

 

女性が安心して借りるならどこ?

このサイトで取り上げている大手消費者金融のカードローンは、どこもプライバシーへの配慮意識も高く安心・安全に借りることができるので、女性も安心して利用できます。

 

そのなかでもとりわけオススメするとしたら、女性のオペレータースタッフが電話に応対してくれるプロミスレディースです。女性にも男性にも評判のよいオススメのサービスです。

 

借りたお金は何に使ってもいい?

お金を借りる方法には、借りたお金を何に使うかという利用目的が制限されているものがあります。たとえば、銀行の目的別ローンなどです。

 

その点、消費者金融カードローンは特に借りたお金の使い道は制限されていないので、何に使っても自由です。お金を必要とする理由は人により様々ですが、利用目的に制限がない消費者金融のカードローンはいざというときに頼りになります。

 

家族(妻・夫・親など)にバレない?

カードローンを利用していることが家族にバレてしまうとしたら、その一番の原因はカードローン会社から自宅に郵送される郵便物です。

 

したがって、自宅への郵送物が届かないように工夫すれば家族にバレずにお金を借りることは可能です。

 

プロミスSMBCモビットのWEB完結なら、自宅への郵送物が届くことなくお金を借りられるので、家族にバレたくないという方にピッタリです。

 

その他には、会話や行動などで自分でバラしてしまうことのないよう注意して下さい。

 

会社やその同僚にバレない?

会社やその同僚にカードローンを利用していることがバレてしまうとしたら、一番の原因はカードローン会社から入る在籍確認電話のときです。

 

とはいえ、大手消費者金融はどこも、借入を周囲に知られたくないという利用者の心情に配慮して、カードローン会社名を名乗らずに担当者個人名を名乗るなどの配慮をしてくれます。

 

そのため、大手消費者金融カードローンを利用する限り、借入が会社や同僚にバレるという心配はあまりいりません。(それに比べ、銀行カードローンの場合は大手消費者金融のような配慮がないので、自分で電話に応答できなければ簡単に会社や同僚に借入がバレてしまいます。)

 

もしも、同僚に「今の電話って誰から?」と勘ぐられたら、クレジットカードの在籍確認と伝えるのがオススメです。今どき誰でもクレジットカードくらい持っていますので、怪しまれずに乗り切ることができます。

 

在籍確認の電話連絡を回避してより確実にバレずに借りたいということでしたら、書面上で在籍確認を行うSMBCモビットのWEB完結がオススメです。

 

今すぐSMBCモビットの詳細を確認>>

 

今すぐお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

【はじめてのアコム】のCMで有名なアコム。この有名なキャッチフレーズが示すとおり、初めてお金を借りる人に人気のカードローンです。初めての利用なら30日間無利息での借入が可能です。

詳細はこちら>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』を使えば申込みから借入までの流れを全てネットのみ行えます。審査スピードに重きが置かれているので、今すぐお金を借りたい多くの方が利用しています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

その他の様々なお金の借り方

ここでは、お金を借りる色々な方法をご紹介します。比較するとすぐに分かりますが、利用目的に制限があるものや利用条件が厳格なものがほとんどです。

  1. 最短1時間で借りられる
  2. ネット上の簡単申込み手続きで利用可能
  3. 銀行などに比べると比較的柔軟に審査対応してくれる
  4. 知名度も高く大手銀行がバックにいるので安心
  5. 借りたお金の利用目的に制限がない
  6. 銀行振込やコンビ二ATMからの出金で借りられ便利
  7. 初回利用なら無利息サービスがある

といったことを考慮すれば、プロミスアコムにネットから申し込んでお金を借りる方法が、今すぐお金を借りるためには最もよい選択だと思います。

  • 銀行カードローンでお金を借りる
  • 銀行の目的別ローンでお金を借りる
  • おまとめローンでお金を借りる
  • 定期預金担保貸付でお金を借りる
  • 勤め先の会社からお金を借りる
  • ろうきんでお金を借りる
  • 質屋でお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付でお金を借りる
  • 学資保険の契約者貸付でお金を借りる
  • 公的機関からお金を借りる
  • 公的機関(国、市・区役所、社会福祉協議会)でお金を借りる
  • 家族(親・兄弟・子供)・恋人・友人・知人など身近な人からお金を借りる
  • 車で融資で(自動車を担保にして)お金を借りる
  • 学生ローンでお金を借りる
  • 奨学金制度でお金を借りる

銀行カードローンでお金を借りる

カードローンには消費者金融 だけではなく都市銀行(メガバンク)や地方銀行などの銀行が運営するカードローンもあります。銀行系のカードローンでは消費者金融のカードローンに比べて金利が低いというメリットがあります。また、消費者金融に比べて限度額が高い傾向にあります。
また、消費者金融と異なり、銀行カードローンでは総量規制の適用がありません。(とはいえ、銀行も返済能力を超える過度な貸付を未然に防止するために、自主規制として年収の3分の1が目安となっています。)

 

そのため、本人に収入のない専業主婦でも借りられる銀行カードローンもあります。

 

しかしながら、デメリットもあります。それは、

  • 消費者金融よりも審査が格段に厳しくなること
  • 融資までに時間かかること
  • 無利息サービスがないこと

です。

 

銀行系カードローンでは即日融資を受けることはできません。確かに 安い金利は魅力的ですが、審査に時間かかることを考えると急ぎでお金を借りたい人には向いていません。

 

また、消費者金融の場合は最低借入額が設定されていなかったり、設定されていたとしても「1万円〜」となっているのに対して、銀行カードローンでは最低借入額が「10万円〜」となっているところが多いので、少額の借入を希望する方には向いていません。

 

銀行の目的別ローンでお金を借りる

銀行には、カードローンの他にも特定の利用目的のためにお金を借りる目的別ローンがあります。銀行により、どのような目的別ローンが用意されているかは異なりますが、代表的な目的別ローンとしては以下のようなものがあります。

  • ブライダルローン
  • トラベルローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • リフォームローン

目的別ローンは、カードローンに比べて低金利でお金を借りられるというメリットがあります。

 

したがって、借りたお金の使い道がはっきりしていて、それに対応した目的別ローン商品が用意されているならカードローンよりも目的別ローンのほうが有利にお金を借りることができます。

 

ただし、目的別ローンは以下のような注意点があるのでその点に気をつけて下さい。

  • 目的があわないと利用できない
  • 審査に時間を要するため即日融資には対応していない
  • 追加融資を希望するときには再度審査が必要
  • 資金の使い道を証明する書類が必要なことがある

大手消費者金融のカードローンは、運転免許証などの本人確認書類だけ(場合により収入証明書も)でお金を借りることができますが、それに比べると銀行の目的別ローンは、準備しないといけない書類なども多くなりますし、審査に時間がかかるので今すぐ早急にお金を用意したい場合には向いていません。

 

おまとめローンでお金を借りる

おまとめローンとは、複数の借入先からお金を借りている場合に、より金利の低い貸金業者に借り換えて一本化することを言います。

 

たとえば、A社、B社、C社の3つの業者から20万円ずつ借りていて毎月2万円ずつを返済しているような例を考えてみましょう。3社それぞれの返済期日に遅れないように、3社それぞれに返済するのは大変です。また、合計で毎月6万円という支払いも大変です。

 

返済期間が長くなればなるほど、利息は増えていきますので、返済しても利息分の支払いに充てることが多くなりなかなか元金が減らないという現象が発生してしまいます。

 

このような状況で、おまとめローンを実施しているD社で60万円を借り換えるとすると、その場でA社・B社・C社すべての借入先に繰り上げ一括返済をすることになるので、今後支払い続けて行くはずだった利息分が安くなり毎月の返済額も変わってきます。

 

結果として、D社のおまとめローンに一本化した後には、D社への月々の返済額はA社・B社・C社の合計で支払っていた6万円よりも安い金額で済むようになります。

 

それだけでなく、各社に支払っていた返済が1社で済むようになるので、手数料も安く済みますし、複数社から借り入れしている時よりも心理的負担も軽くなります。

 

ただし、20万円×3社の借入を60万円×1社に借り換えただけですので、借金そのものが減っているという訳ではありません。せかっくおまとめローンを利用して借金を一本化しても月々の返済額を極端に低く設定してしまうと、いつまでたっても元金が減っていかないということになりかねません。

 

おまとめローン利用後も、余裕のあるときは繰り上げ返済をするなど、早期に完済できるよう努力していきましょう。

 

定期預金担保貸付でお金を借りる

定期預金を担保としてお金を借りる定期預金貸付という方法なら、即日融資でお金を借りることができます。

 

定期預金を担保にしているため、金利はかなり低い水準に設定されています。(※ゆうちょ銀行0.26〜0.51パーセントなど)

 

また、借入可能な金額は定期預金額の90パーセントに設定されていることが多いです。

 

定期預金担保貸付でお金を借りる方法は非常にシンプルです。普通預金口座から普通に引き出すだけという手軽さで借りることができます。普通預金口座の残高を超えて引き出した不足分が自動的に定期預金担保貸付として融資が行われるのです。

 

返済方法も借入と同様に簡単で、普通預金口座に入金すればよいだけです。定期預金担保貸付を利用して借り入れた金額以上に入金すれば、差額分からは普通預金口座に入金されます。

 

定期預金担保貸付は、審査もなく即日融資でお金を借りることができます。また、個人信用情報機関に利用履歴が残ることもありません。定期預金口座をお持ちの方で一時的にお金を借りたいという時にはとても便利な方法です。

 

ただし、返済することが困難なほどの大金が必要な場合には、定期預金を解約することからまずは検討されたほうがよいでしょう。

 

勤め先の会社からお金を借りる

会社によっては、福利厚生制度の一環として「貸付金制度」を実施しているところもあります。会社からお金を借りるとなれば、当然のことながらまっとうな利用目的が求められます。

 

たとえば、娯楽やギャンブルなどといった利用目的ではお金は借りられません。それに対して、病気・怪我などの入院費用、身内に不幸があったときの葬儀費用、災害時の修繕などの対応に必要な費用などやむを得ない事情により緊急にお金が必要な場合に認められることが多いようです。

 

借入の際の金利がどのように設定されているかは、会社によって異なりますが、福利厚生の一環としての貸付制度であることからかなり低めの水準に設定されています。(※利息で利益を出すことを目的としていないため)

 

分割払いで返済できることはもちろん、ボーナスを利用した一括返済など、比較的柔軟な返済方法に対応して貰えることが多いようです。

 

もしかしたら、「会社からお金を借りるなんて恥ずかしい・・・」と思われる方もいるかもしれませんが・・・、福利厚生として貸付制度を実施している会社にお勤めで利用目的が会社に認められるようなものなら、安心して借りられる借入先の1つとして勤務先も選択肢の1つとなりうるのではないでしょうか。

 

給料の前借りという選択肢もある

勤務先からお金を借りるということなら、給料を前借りするという選択肢もあります。(※正確には借りるのではなく、既に働いた分を給料日より先にもらうということ)

 

給料の前借りができるのは、すでに働いている金額分です。たとえば、会社の給料が月末締めである月の15日に前借りの請求をする場合には、既に働いた1日〜15日分の給料を請求できるということです。

 

実は、労働基準法には従業員は非常時に給料の前借りを請求できることが規定されています。そして、会社は従業員から給料の前借りの請求があったときには、これに応じなければなりません。

 

給料の前借りが認められる非常時には、

  • 病気
  • 災害
  • 不幸
  • 出産
  • 結婚

などが該当します。

 

給料の前借りは既に働いた分を給料の支給日よりも先にもらうというだけで、実際には借りるわけではありません。したがって利息も発生しませんし、返済する必要もありません。ただ、本来の給料の支給日に前借りした分が差し引かれて支給されるだけです。

 

なお、給料の前借りができるのは正社員だけではありません。パートやアルバイトでも請求することが認められます。

 

ろうきんでお金を借りる

「ろうきん」というのは「労働金庫」の略称のことで、全国に13の団体が存在しています。お住まいの地域により、以下の通り利用可能な団体が変わってきます。

  • 北海道ろうきん(北海道)
  • 東北ろうきん(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
  • 中央ろうきん(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)
  • 新潟ろうきん(新潟県)
  • 長野ろうきん(長野県)
  • 静岡ろうきん(静岡県)
  • 北陸ろうきん(富山県、石川賢、福井県)
  • 東海ろうきん(愛知県、岐阜県、三重県)
  • 近畿ろうきん(滋賀県、奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県)
  • 中国ろうきん(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)
  • 四国ろうきん(高知県、愛媛県、香川県、徳島県)
  • 九州ろうきん(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)
  • 沖縄ろうきん(沖縄県)

ろうきんにもカードローンがあり、その地域の労働者なら誰でも審査のうえで利用が可能です。ろうきんカードローンのメリットは、

 

・金利が低い
・18歳、19歳の未成年が利用できる(利用対象年齢=18歳〜65歳)

 

ということです。

 

ただし、審査に時間がかかってしまうというデメリットもあります。申込みをしてから実際にお金を借りるまでには約2週間程度はかかります。即日融資には対応不可能ですので、今すぐお金を借りたいという方にはおすすめできません。

 

質屋でお金を借りる

質屋でも即日お金を借りることができます。質屋というと、おそらく買取のイメージが強いかもしれません。しかし、質屋では買取だけでなく、担保にできそうな一定の価値のある品物を担保にして、即日融資を受けることもできます。

 

質屋というと大黒屋が有名ですが、江戸時代から現在に至るまで一般的に利用されてきた非常に歴史のある店舗形態です。

 

質屋でいくらまで借りることができるかは、担保にする品物の価値によってかわってきます。一般的に、ブランド品や貴金属・高級腕時計など濃く価値の品物であればあるほど、高額の借入を受けることが可能です。

 

質屋が消費者金融と比べて大きく異なるのは、お金を借りた人が期日までに返済できなくても、支払いの督促がないことです。その理由は、期日までに返済出来なければ担保に提供した品物を売却してお金に換えられてしまうからです。

 

そもそも担保とはそういうものですが、期日までに返済できない場合には品物は返ってきません。

 

しかしながら、融資だけでなく買取も行っている質屋の場合、返済できずに売却されてしまうくらいなら、はじめから担保にした品物を売却してお金に換えたほうが手に入る金額は高くなります。

 

ですから、手放してもいいかなと思えるような品物であれば、初めから質入れして借入をするのではなく売却を考える方が良いでしょう。

 

注意点としては、質屋の利息は非常に高額になることです。質屋の金利は一般的に年利ではく月利で計算されます。数字だけを見ると意見して低く見えるかもしれませんが、実際には消費者金融などの貸金業者と比べてかなり高めの設定になっているので注意が必要です。

 

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる

多くのクレジットカードには、買い物に利用できる「ショッピング枠」の他に、ATMなどで現金を借りることが出来る「キャッシング枠」が設定されています。

 

クレジットカードのキャッシング機能を使った借入も安全に即日お金が借りられる方法の1つです。

 

このキャッシング機能を使えば、お近くのコンビ二のATMからでもお金を借りることもできるので、手元のクレジットがキャッシングに対応しているかを確認してみて下さい。

 

ただし、多くは年18パーセントという金利を設定していているので、大手消費者金融とそれほど変わらない水準です。

 

即日融資が可能な方法ですが、一部の大手消費者金融のような無利息サービスもありませんし、繰り上げ返済に対応していないケースもありますので、カードローンに比べて不利な面もあります。また、手軽に利用できる反面、借りすぎないように計画的に利用するように注意して下さい。

 

生命保険の契約者貸付でお金を借りる

解約をした時に解約返戻金が発生(お金を返してもらえる)生命保険であれば、その解約返戻金を担保にしてお金を借りることができます。これを契約者貸付と言います。

 

各社によって差はありますが、金利はかなり低い水準で、中には1パーセント台のところもあります。

 

生命保険の解約返戻金という担保があるため、審査は特に必要とされていませんし、生命保険の契約者貸付でお金を借りても信用情報に記録が残ってしまうという心配もいりません。

 

申込み方法はとても簡単で、生命保険会社によってはネット上の会員ページから申込み可能なケースもあります。

 

生命保険の契約者貸付では、もしも借入の最中に生命保険の支払事由が発生したら、「借入金+利息」が差し引かれて支払われることになります。たとえば500万円の支払いが発生するような支払事由に該当した場合(死亡など)で、200万円を契約者貸付で借りていたなら、500万円から「200万円+利息」を差し引いた金額が支払われることになります。

 

また、解約返戻金が担保になっているので、解約返戻金の金額をオーバーして借入してしまった場合で、もしも所定期日までに完済することができないときには、生命保険の契約自体が失効してしまうというリスクもあります。

 

学資保険の契約者貸付でお金を借りる

生命保険と同様に、学資保険でも解約返戻金を担保としてお金を借りることができる契約者貸付が存在します。子供の将来の学費などのために学資保険で積み立てをしていて、一時的にお金が必要になったときに利用できます。

 

学資保険では、各社で異なりますが、積み立てた金額の70〜90パーセント程度を借りることができます。

 

公的機関(国、市・区役所、社会福祉協議会)でお金を借りる

国、市役所、区役所、社会福祉協議会などの公的機関でも様々な貸付制度が存在しています。ただし、公的な貸付制度を利用してお金を借りる場合、求められる書類が多かったり、審査の条件が厳しかったりと一筋縄では行かないことも多いです。

 

公的機関でお金を借りるためには、乗り越えなければならないハードルも高いと覚悟が必要ですが、驚くほど低金利でお金を借りることができます。即日融資に対応できる制度はあまりありませんが、利用目的や条件があうようなら挑戦してみてもよいでしょう。

生活福祉資金貸付制度

低所得世帯・障がい者世帯・高齢者世帯などを対象として、生活の再建に必要な資金を貸し付ける制度です。地域の社会福祉協議会が窓口となっています。

母子父子福祉資金

母子家庭の母または父子家庭の父で、20歳以下の子供を扶養している親が利用できる貸付制度です。お住まいの自治体の福祉担当部署が窓口となります

女性福祉資金

配偶者のいない女性などを対象とした貸付制度です。お住まいの自治体の福祉担当部署が窓口となります。

年金担保融資制度

日本政策金融公庫または独立行政法人福祉医療機構が行う年金を担保とした融資制度です。

 

家族(親・兄弟・子供)・恋人・友人・知人など身近な人からお金を借りる

今すぐお金を借りたい時に、選択肢として身近な人からお金を借りることを考える人もいると思います。具体的には親、兄弟、子供、恋人、友人、知人などです。物理的にも心理的にも距離の近い方なら、難しい手続きもなくすぐにお金が借りられる方法の1つではあります。

 

ただし、その反面お金の貸し借りは人間関係を壊してしまうリスクがある行為のですので、相手との現在の関係が良好な程より慎重になるべきです。親・兄弟・子供などの血縁者なら一生関わることになる大切な人ですから、関係を壊したくないものです。

 

また、恋人や友人・知人に対してもいい加減なことをしていては信頼関係が壊れてしまって、離れていってしまいます。信頼を裏切ることのないように誠意を持って適切に返済などの対応をしていくことは重々心がけておくようにしましょう。

 

お金を借りるときの理由・言い訳

親兄弟や親戚、彼氏・彼女、友人知人などからお金を借りる時に重要になるのが、お金を借りる理由・言い訳、つまり借りたお金の使い道です。

 

お金を借りたいと相手に言ったらほぼ必ず、『いったい何に使うの?』と聞かれるものです。ここで、しっかりと相手が納得できるような理由を伝えることができなければお金を貸してもらうことはできません。

 

たとえば、借りたお金をパチンコや競馬などのギャンブルに使うと言ったら、十中八九貸してもらうことはできないでしょう。

 

自分が社会人なのか学生なのか、相手が親なのか恋人なのか友人なのか、など自分の立場や相手との関係性にもよって適切な理由というのは変わってきますが、嘘のない範囲でできるだけ納得してもらえるような理由を伝えるようにしましょう。

 

ここで、正直な理由を言っても貸して貰えないので、嘘の理由を言ってしまいたいと考えると人もいると思います。たしかに、どうしてもお金を借りたい時には、そのように考えてしまうことは仕方の無いことかもしれません。

 

しかし、近い間柄の人であればあるほど、嘘の理由を伝えてもいつかはボロが出て信頼を失うことに繋がりかねませんのでその点は頭に入れておきましょう。

 

親からお金を借りるときの注意点親からお金を借りる時には親から送金されたお金が「贈与」と見なされる可能性があります。贈与税は年間110万円以上のお金を親から受け取ると発生しますので、年間110万円以上の金額を借りるという場合は税務署に贈与と判断されると贈与税の対象となる可能性がありますので注意が必要です。

 

扶養義務があるケースでは、教育費や生活費のためのお金を子供に与えるのは贈与税の対象にはなりません。しかしながら、金額が極端に多い場合やすでに独立して扶養関係のない親子の場合は課税対象になります。

 

贈与税がかからないようにするためには、あくまで贈与ではなく『借金』だということをはっきりと証明できるようにしておきましょう。

 

具体的には、

  • 借用書を作成すること
  • 金利1パーセント程度の利息を設定すること
  • 返済は銀行振込で行い通帳の返済履歴をきっちり残す

という手段をとります。税務署は調査のために過去に遡って銀行口座の入出金履歴を調査することができるので、銀行振込で返済を定期的に行っていることが分かるようにしておくことが大切です。

 

車で融資で(自動車を担保にして)お金を借りる

「車で融資」というのは、車を担保にお金を借りるものです。車で融資には以下の2種類があります。

  • 預かり融資・・・車を貸金業者に預ける
  • 乗ったまま融資・・・車に乗ったままでOK

このうち、いずれの方法でお金を借りる場合も、車の所有者名義は貸金業者に変更してしまうこと担ってしまいます。この点にネックがあるので、あまりオススメの方法とは言いづらい方法です。

 

預かり融資では、車を貸金業者に預けてしまうため借金を完済するまで車を取り戻して使用することができません。それどころか、担保として貸金業者側が押さえているのにもかかわらず、車の保管料を取られてしまうことさえもあります。

 

乗ったまま融資の場合は、貸金業者への名義変更後も車を使用して乗ることができます。しかしながら、名義はあくまで貸金業者になっているので、リース契約を結ぶことを求められることさえもあるのです。こちらのケースでは、借金の返済はリース料として支払っていくことになり、利息も発生します。さらには、車検証を貸金業者に預けてしまうことになるので、車検証を搭載していない車の乗ることになってしまいます。

 

また、車で融資では預かり融資・乗ったまま融資のいずれのケースでも手数料と言って数万円を請求されるような事例も報告されています。

 

自動車を担保にしてお金を貸すというお金の貸し方には、特段違法性は存在しません。しかしながら、車で融資でお金を貸している貸金業者の中には、違法に近いグレーな方法をとっているところもあるので、注意が必要です。

 

学生ローンでお金を借りる

学生なら、一部の中小消費者金融で取り扱われている学生ローンを利用してお金を借りるという方法もあります。学生ローンは、その名称からも分かるとおり融資対象を学生に限定した金融商品です。

 

学生の場合、銀行などからお金を借りるのは難しいですが、学生専用のローン商品だけに学生であっても柔軟に審査に対応してくれます。

 

学生ローンを利用して、申し込んだその日のうちにお金を借りたいなら、正午までにネットや電話により申込みを済ませておけば銀行口座への振込入金により即日融資を受けることができます。

 

学生ローンのメリットは、

  • 未成年の学生でも利用できること
  • 原則、在籍確認の電話がない

ということです。アルバイトなどで毎月収入のある学生であれば、大手消費者金融カードローンなどその他のお金の借り方と違って、18歳や19歳など未成年の学生でもお金を借りることができます。

 

ただし、親権者の同意書を提出する必要がありますので、親御さんにバレずにお金を借りたい場合には不向きですが、未成年の学生にとっては数少ない借入の手段といえるでしょう。

 

また、原則としてバイト先など勤務先に在籍確認電話をかけないので、在籍確認を難なく乗り切れます。(何らかの疑義がある場合など、必要に応じて在籍確認電話をすることもあるようです。)

 

しかし、その反面、学生ローンには以下のようなデメリットがあります。

  • 求められる書類が多い
  • 追加融資には改めて審査を要する
  • 無利息サービスがない

大手消費者金融のカードローンが、運転免許証などの本人確認書類だけで借りられる(※借入希望額が50万円以上などの場合は収入証明書も必要)のに比べて、

本人確認書類
学生証
公共料金の支払票
銀行のキャッシュカード・通帳(※振込融資希望の場合)
収入証明書類(※必要に応じて求められる場合あり)

など、必要となる書類が多いです。今すぐさくっとお金を借りたい学生にとって、これらを用意するのは少し面倒かもしれません。また、追加で借入をしたい場合には、その都度審査を受ける必要がありますし、無利息期間の設定などもなありません。

 

こうしたことを考慮すると、今すぐお金を借りたい学生には、

  • 運転免許証など本人確認書類だけで借りられる
  • 初回利用者向けの一定期間無利息サービスがある
  • 限度額の範囲内なら自由に追加で借り入れが可能

という特徴をもった大手消費者金融カードローンのほうがやはりオススメです。

 

今すぐ大手消費者金融の安心カードローンを確認>>

 

奨学金制度でお金を借りる

入学費・授業料・教科書代など教育に関わる費用のためにお金が必要なら、奨学金が利用できる場合があります。

 

奨学金は、子供(生徒)自身が教育に関わる費用を用意するための制度で、「貸与型」・「給付型」の2種類があります。

 

「貸与型」の奨学金の場合、お金を借りることになるため、返済義務が発生します。それに対して、「給付型」は返済する義務がありません。

 

代表的な奨学金制度には、

  • 日本学生支援機構
  • 民間団体・その他の奨学金
  • 大学独自治の奨学金制度
  • 地方自治体の奨学金制度

などが存在しています。

 

奨学金を受けるためには、とても厳しい審査が行われます。学業成績はもちろん、要する学費総額、通学手段等も審査の対象になります。

 

不動産担保ローンでお金を借りる

不動産担保ローンは、自宅の建物や土地などの所有不動産を担保としてお金を借りる方法です。担保を提供しているぶん、とても低い金利で高額を借りられるというメリットがあります。

 

その反面、以下のようなデメリットも存在しています。

  • 借入までに時間がかかる
  • 申込み必要書類が多い
  • 手続きが大変
  • 手数料だけで数万円〜数十万円程度かかることもある
  • 返済不能になれば所有不動産を失うリスクがある

無担保・無保証人でお金が借りられるカードローンの場合、いくら多くても1000万円程度の借入が限界です。また、消費者金融などの貸金業者の場合、総量規制のために年収の3分の1を超えてお金を借りることができません。

 

それに対して、不動産担保融資では所有不動産の査定額によっては、個人でも億単位の借り入れができることもあります。返済も長期間かけて行っていきます。
担保にできる不動産を所有しているという前提条件が必要ですし、返済不能になった時には不動産を失ってしまうというリスクはありますが、低金利で高額の借入をできる方法として利用できます。

 

今すぐお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

【はじめてのアコム】のCMで有名なアコム。この有名なキャッチフレーズが示すとおり、初めてお金を借りる人に人気のカードローンです。初めての利用なら30日間無利息での借入が可能です。

詳細はこちら>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』を使えば申込みから借入までの流れを全てネットのみ行えます。審査スピードに重きが置かれているので、今すぐお金を借りたい多くの方が利用しています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

どんな時でも絶対に避けたい危険なお金の借り方

ここでは、どんなにお金に困っていても借りるのは避けたい危険なお金の借り方として、

  • ヤミ金融業者
  • 個人間融資掲示板
  • クレジットカードショッピング枠の現金化

をご紹介します。

 

危険なお金の借り方をすると、人生を台無しにしてしまうようなトラブルに発展しかねません。お金を借りるなら、安全な方法で借りるようにしましょう。

 

信頼できる大手消費者金融で今すぐ借りる>>

 

ヤミ金融業者

消費者金融などの貸金業者は、貸金業法上に定められた所定の登録を金融庁に行って営業することになっています。この登録を行わずに違法に営業をしているのがヤミ金融業者です。

 

ヤミ金融業者は、

  • 法律で制限された範囲を大きく超える法外な利息
  • 常識の範囲を超えた違法な激しい取り立て

が特徴です。

 

マンガや映画などで、しばしばヤミ金融業者のことが描かれてきたので、だいたいイメージはしていただきやすいと思いますが、ヤミ金融業者に関わると人生を棒に振ってしまうようなことになりかねません。

 

一度ヤミ金業者からお金を借りてしまうと、高額な利息を延々と搾り取り続けます。一括返済を希望しても、搾取し続けたいという思惑を持つヤミ金業者はなかなか返済させてくれないということさえあります。

 

また、ヤミ金業者どうしで利用者の個人情報をお金に困っている人の情報として共有していることもあります。さらなるヤミ金業者のかもにされてしまうことにもなりかねません。

 

どんなときでもヤミ金融業者には関わらないようにして下さい。

 

一見すると、ヤミ金業者は正規に登録を行っている街金融業者と区別が付かないかもしれません。ですが、金融庁のサイトなどで正規に登録された貸金業者を簡単に確認することができるので、街金融のようおな業者からお金を借りようとする時は、一度正規業者かどうか確認してみるのがよいでしょう。

 

個人間融資掲示板

お金を借りるときには、消費者金融や銀行などの機関を通じて借りるのが通常です。それに対して、機関や団体などではなく個人からお金を借りることを個人同士のお金の貸し借りという事で『個人間融資』と呼びます。

 

この個人間融資の取引の場として利用されるのが、『個人間融資掲示板』というネット上の電子掲示板です。

 

個人間融資掲示板では、お金を借りたい人が

  • 借入を希望する金額
  • 地域
  • 職業

などについて書き込みをします。それに対して、お金を貸す側が借入希望者のメールアドレスに対して連絡します。

 

お金を借りたい人・お金を貸したい人、双方の条件が合致すればお金を貸し借りが行われることになります。個人間融資掲示板を通じてのお金の貸し借り自体には違法性はありません。

 

個人間融資掲示板では、銀行や消費者金融などで行われるような審査が実施されないため、審査に通過できないようなブラック状態の人が利用したいと思うことが多いようです。

 

しかし、個人間融資掲示板でまともにお金が借りられることはまれです。実際のところは、個人を装ったヤミ金融業者や詐欺目的の輩が多く潜んでいます。詐欺の手口としては、先に少額を振り込ませるなどして結局貸付を行わないなどして金銭をだまし取ると言います。

 

ヤミ金業者や詐欺業者にひっかかることなく適切に取引ができたとしても、見知らぬ個人間どうしのお金の貸し借りはよからぬ金銭トラブルに発展する可能性を大いにはらんでいます。

 

お金に困っていても個人間融資掲示板も危険がいっぱいですので近寄らないようにして下さい。

 

クレジットカードショッピング枠の現金化

クレジットカードには、普段買い物の支払いに利用しているショッピング枠の他に、お金を借りるのに利用するキャッシング枠があります。

 

通常なら、クレジットカードでお金を借りるならクレジットカードのキャッシング枠を利用すれば良いはずです。しかしながら、なかには

  • 手元のカードに元々キャッシング機能がない
  • 申込時にキャッシング利用を選択していなかったがすぐに現金が必要
  • キャッシング枠を使い切ってしまった

といった利用から、キャッシング枠を利用してお金を借りることができない人がいます。

 

そのような人にこそ意味がでてくるのが、クレジットカードのショッピング枠の現金化です。どういうことかというと、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入してその商品を即座に業者に買い取ってもらって現金をゲットするということです。

 

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社により禁止されている行為です。もしもカード会社にバレてしまったら、カードの利用停止や強制解約にだってなりかねません。

 

また、クレジットカードの現金化を行う業者がとる手数料が非常に高額であることも問題です。たとえば、現金化業者にショッピング枠を使って10万円を支払うとして、実際に手元に手に入るのは8万円程度だったりします。

 

実に20パーセントという高額な手数料を即座に取られてしまうのです。非常に高額な手数料なのでかなり損してしまうということも問題ですが、そもそもこのような取引で手数料をとることは認めらられていません。

 

クレジットカード現金化業者は、出資法違反に問われて検挙されるケースもよくあります。場合によっては、現金化業者を利用した人も罪に問われてしまうことだってあるかもしれません。

 

非常にリスキーな行為ですのでこちらも関わらないようにして下さい。

 

お金を借りるなら、信頼できる有名なサービスを利用して大手から安心して利用できるところで借りるのが一番です。その点、プロミスアコムは、
  • アコム・・・三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミス・・・SMBCグループ

と大手銀行系の金融グループの属しているので、非常に信頼度が高く安心してお金が借りられます。

 

今すぐお金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

【はじめてのアコム】のCMで有名なアコム。この有名なキャッチフレーズが示すとおり、初めてお金を借りる人に人気のカードローンです。初めての利用なら30日間無利息での借入が可能です。

詳細はこちら>>

プロミス

プロミスの『WEB完結』を使えば申込みから借入までの流れを全てネットのみ行えます。審査スピードに重きが置かれているので、今すぐお金を借りたい多くの方が利用しています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借入できます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。